年齢に気を付けてエポスカードの発行を進めよう

エポスカードは年齢制限というものがありますので、発行する際は気を付けなければなりません。基本的に年齢制限は18歳となっており、それよりも年齢が低いと発行できません。ただ18歳を超えていれば、一応発行できるチャンスは生まれます。高校を卒業して仕事をし、それなりに稼ぎを持っている方はエポスカードを発行することができます。しかし年齢制限という部分で若干問題を抱えているのも事実で、実は未成年の方は親の方が同意しないとカードを発行することが出来ないのです。
自分だけでカードを発行しようと考えても、実際にはカードを発行することができず、何らかの形で家に連絡が入ることとなります。自宅の番号を記載するように求められているのは、基本的に電話による確認を行うためです。この確認で親が電話に出なかった場合、または申込みをした人が出なかった場合は落とされることとなります。カードの発行をしっかり考えていくためには、親に同意を貰っておくことと、電話で同意をしてくれることを一緒に伝えておくこととなります。
これを簡単に対処するためには、一緒にカードの申込みをすることです。エポスカードはネットで申込みが可能となっていますが、OIOIの店頭でも申込みが行えるようになっています。これを利用すればカードの申込みは簡単にできるようになっていますから、親と一緒に申込みを行って、後から電話がかかってこないように考えることも大切です。これなら既に親権者の同意は得られていることとなるため、余計な手続きをしてカード発行が妨害されることもありません。
未成年の方がエポスカードを発行することは可能となっていますが、そのためには条件が必要なので注意してください。どうしてもエポスカードが欲しいと思っているなら、親に相談をしたうえで同意を貰っておくことと、出来る限り早い段階で同意していることを会社側に伝えられるといいです。時間がかからないようにしていれば、それだけ楽に発行できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る