他のカードを持っていた方が有利に審査は進む

エポスカードは、以前からクレジットカードを持っておらず、現金主義を貫いている方は審査に落とされやすくなってしまいます。これはカードを利用したことが無いと判断されるだけでなく、クレジットカードを発行しても利用するのか分からないと判断されるためです。従ってエポスカードを発行したいと思っているなら、まずはカードを発行するためにいい情報を提供することが重要となります。特にカードを発行した実績を持っている場合、これはエポスカードの審査に影響することとなります。
カードを発行することが出来ていれば、基本的に審査を簡単に通過することができます。他社とは言え、エポスカード以外のカードを発行することに成功しているなら、さほど問題は無いと判断されるのです。エポスカードはそこまで審査が厳しくないと言われていますが、クレジットカードを発行することが初めてである場合、落とされる可能性が高くなってしまいます。そのためまずは審査を通過する意味でも、クレジットカードを1度発行して、それからエポスカードを狙うこととなります。
ここで注意しなければならないのは、エポスカード以外に大量に発行したことによって、逆に不信感を持たれてしまうことです。クレジットカードは多くても3枚くらいまでに抑えることとなりますが、色々あって大量に発行したが故に、逆にエポスカード側が不振を感じることもあります。何故ここまで大量に発行する必要性があったのか、それを問われてしまうと審査を通過することが難しくなってしまうので、なるべくカードについては1枚か2枚に抑えるようにしてください。
しっかりした手順を踏めば、エポスカードは比較的早く発行することができます。またカードの発行までには時間がかかるものの、1度クレジットカードを利用している実績さえあれば、審査自体をクリアすることは難しくありません。どうしても発行したいなら、まずは他のカードの利用実績を作るといいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る