エポスカードの審査に落ちる理由とは?

エポスカードはポイントの貯まるクレジットカードとして、多くの人から支持されています。
では、実際にエポスカードを申し込んだ際に審査に落ちることはあるのでしょうか。それはどんな理由なのでしょうか。今日はその点について考えてみたいと思います。

まず、エポスカードの審査基準は厳しいのでしょうか。エポスカードはマルイ系列が発行しているカードとなります。いわゆる流通系です。流通系のクレジットカードは銀行系よりも審査が厳しくないと言われています。なぜなら、多くの会社はカードを発行することによって、顧客を確保したいからです。とはいえ、中には審査に落ちてしまう人もいます。ではどんな理由なのでしょうか。

まず最初に挙げることができるのは申し込みの条件にかなっていないということです。満18歳以上でなければカードの申し込みを行うことができません。そのため、年齢が達していないとカードの審査は通過しません。そして、収入や仕事という要素も非常に重要になってきます。アルバイトやパートでも審査に通る可能性はありますが、全く仕事をしていない、現在就職活動中などの場合には審査に落ちる可能性があります。また、仕事を始めて1年も経っていない、引越をしたばかりという場合にも審査に不利な情報となるので、注意が必要です。

さらに、考えられる理由はこれまで支払いを延滞したり、自己破産、債務整理をしたことがあるという場合です。こうした利用履歴は信用情報機関に残されます。消費者金融会社は審査の際に必ずこの機関に照会をかけて、これまでの利用履歴を確認します。それで、以前にこうした履歴が残っているのであれば、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

最後に挙げることができるのは、入力の誤りなどです。申し込みの際の情報に誤りがあったり、さらには本人と電話確認が取れないなどの場合には審査に落ちてしまいます。
以上、エポスカードの審査に落ちてしまう理由を挙げることができました。ちゃんと仕事をしていて、収入があれば基本的には審査を通過できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る