エポスカードの審査で調べられる情報

エポスカードはデパートのマルイに関連したクレジットカードです。マルイで買い物をすることが多いという方はこのクレジットカードを持っている場合が多いのではないでしょうか。エポスカードを作るためには申し込みをして審査に通らなくてはなりません。
エポスカードの審査では申し込みをされた方の情報を調べて、それを基に返済能力があるかどうかを判断されます。そこで返済能力があると認められた場合は契約をすることが出来て、エポスカードを作ることが出来るのです。他のクレジットカードに比べて多少審査が緩い傾向にあり、多くの方が作りやすいカードとなっています。
エポスカードを作る際の判断材料とされる情報としては、勤務先やそこでの勤続年数、年収といったものです。勤務先は安定している大きな企業だとより信用が高くなり印象が良くなります。また、勤続年数は長い方が有利になりますが、逆に働き始めてから数カ月など短期の時期に申し込んだ場合はそれが原因で審査に通らないケースもあります。年収に関しては多い方が良いですが、きちんとした会社に勤めており安定した収入があれば大丈夫でしょう。
ただ、正社員として働いていなくても、毎月安定した収入を確保できている場合は審査に通る可能性はあります。そのため、派遣社員の方やアルバイトの方でも作ることは可能でしょう。しかし、無職だと審査に通ることは厳しくなるので、そのような方はまずアルバイトなどで長期間働き、安定した収入を得られる状況を作ることが必要となります。
また、気をつけなければならないことは過去の返済情報です。過去にクレジットカードを利用していて、その支払いが長い期間滞ってしまった記録がある場合は、それがマイナスとなり審査に通らないことがあります。過去の記録は調べればすぐにわかってしまうので、自分が過去に返済が滞ったことがないかを把握しておきましょう。
エポスカードの審査に関しては以上のようなことを頭に入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る