エポスカードの審査で気をつけたいところ

エポスカードは大手ショッピングテナントであるマルイの発行するクレジットカードで、マルイ関連で買い物するとポイントのたまるポイントカード的な役割を担っています。マルイは二十代から三十代の若年層を対象と捉えているテナントですので、若者であっても比較的エポスカードの審査には通りやすいものではあります。
しかし審査が緩いとか簡単というわけではなく、厳密に審査は行われますので以下の点には審査を受ける際には注意しましょう。一つは仮カードが発行されることによる油断です。エポスカードはマルイの店頭で申し込みをすると割引のクーポンを与えられるなどの特典があるために、カードをとりあえず申し込むという人が多いです。その場では審査が行われるわけではなく仮カードというものが発行され、その場はとりあえず買い物をしてポイントだけはつけられるようにしてくれます。その後申告した内容に基づいて審査が行われるのですが、当然クレジットカードなので本人確認書類の提出や在籍確認などが行われる場合があります。そうした審査に仮カートが発行されたからといって真摯に応じなければ結果として審査に通らないことが考えられます。
それからこれまで一切クレジットカードを使ったことのないという方はやはり審査条件は厳しくなります。クレジットカードの審査ではこれまでのヒストリーと言われる金融面での経歴を見られます。例えば銀行の引き落としに残高不足となったことがないか、クレジットカードの支払いに遅れはなかったかなどということです。そうした経歴が初めてクレジットカードを作る人には不足していますので、カードの審査は厳しくなるようです。クレジットカード自体の審査は通っても限度額が少ない、キャッシング枠が小さいなどの弊害も起こり得るでしょう。
いずれにせよ、エポスカードは若者にとっては人気の高いカードであり、勧誘も熱心です。真摯に審査に応じれば悪い結果にはならないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る